2007年12月18日

丹田呼吸法と「気」の関係

丹田呼吸法が単なる深呼吸と違うところは、気のコントロールの有無にあるのです。

ラジオ体操の深呼吸は朝のさわやかな空気を胸いっぱいに吸い込んで血液中に酸素を送り込んで元気ハツラツさわやか気分になることですね。

「気」の存在などは気にしません。

あくまで酸素、二酸化炭素のレベルです。

丹田呼吸法と言うのは「気」を発生させるために行うのだとも言えるのです。

ですから、丹田呼吸法をマスターしようと思うと、どうしても「気」の性質をよく知ることが重要になってきます。

そして、一言に「気」と言っても本当は「気」にはいろいろな種類の気があるのです。だから「気」とは何かと言われて具体的に答えようと思うと、とても長たらしい説明になってしまうと思います。

様々な要素や側面を持つ「気」と言うものの存在を一言で言い表そうと思ったら「気」と言う言葉を使って表現するのが結局一番簡単で人に伝えやすいと言うことになります。

英語でも「気」は中国式の発音で「Chi」チと言います。

英語圏の人に「気」の話をするときには「チー」と発音すればたいていの人は判ります。


逆に片言の英語で「気」についてあれこれ説明しようと思うと殆ど解かってもらえません。何が言いたいの? この人と言うことになってしまいます。

エーと、ここまで書いてきて、だんだん何が言いたかったのか判らなくなってきました。

なんで、今回のお話はこれで終わりということにします。

次回は頭をフレッシュにして、気の性質についてもう少し突っ込んだお話をしようと思います。
ですから、丹田呼吸法をマスターしようと思うと、どうしても「気」の性質をよく知ることが重要になってきます。

そして、一言に「気」と言っても本当は「気」にはいろいろな種類の気があるのです。だから「気」とは何かと言われて具体的に答えようと思うと、とても長たらしい説明になってしまうと思います。

様々な要素や側面を持つ「気」と言うものの存在を一言で言い表そうと思ったら「気」と言う言葉を使って表現するのが結局一番簡単で人に伝えやすいと言うことになります。

英語でも「気」は中国式の発音で「Chi」チと言います。

英語圏の人に「気」の話をするときには「チー」と発音すればたいていの人は判ります。


逆に片言の英語で「気」についてあれこれ説明しようと思うと殆ど解かってもらえません。何が言いたいの? この人と言うことになってしまいます。

エーと、ここまで書いてきて、だんだん何が言いたかったのか判らなくなってきました。

なんで、今回のお話はこれで終わりということにします。

次回は頭をフレッシュにして、気の性質についてもう少し突っ込んだお話をしようと思います。
posted by エリーゼ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73373671

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。