2007年12月17日

丹田呼吸法と普通の呼吸との違い

丹田呼吸法と普通の呼吸との違いは
簡単に言えば、

普通の呼吸は浅い呼吸で
丹田呼吸は深い呼吸といえます。


でもそれは簡単に比較した場合のお話で、

本当はこんな簡単な違いではないのです。


丹田呼吸が深い呼吸のことと言っても
ラジオ体操のときにやるような深呼吸とは
全く違います。

トランペットなどの
吹奏楽器を吹くときに行う
いわゆる腹式呼吸とも違います。

以前の私は丹田呼吸とは腹式呼吸のことであろうと
勝手に想像していました。

丹田呼吸法が腹式呼吸方と同じだと
思っている人が多いのではないかと思います。

丹田呼吸の基本は、

深くゆっくりと息を吸い込む。
そして
吐くときは
息が漏れているのが解からないほど
静かに静かに
おこなうのです。


そして呼吸は
普通は鼻で行います。


ラジオ体操のときのように
口から勢いよく
大きく吸ったり吐いたりは
絶対にしないのです。

例外的に
空手などの武術のときに行なう丹田呼吸法は
かなり勢いよく行なうことがあります。

それでもラジオ体操のときの深呼吸とは
全くやり方が違うのです。


ここでの丹田呼吸法とは、
いわゆる瞑想を行なうときの
呼吸法のことだと思って下さい。


瞑想の状態を深めていくために
とても重要になってくるのが
この丹田呼吸法なのです。


丹田呼吸法を極めないと
本当に深い瞑想状態に入ることは出来ないのです。


普通の呼吸で
深い瞑想状態に入るということは
寝るのと同じです。


寝ることと、深い瞑想状態は
外から見ていると
殆ど同じですが、

意識レベルでは全く違います。


この違いについては次回にお話します。
posted by エリーゼ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73366094

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。